大五郎さん(36歳・男性)

中学生の頃に1型糖尿病を発症してからインスリン注射は毎日欠かせませんでした。
そんな自分がEDになったのは、28歳の頃からです。幸い早婚で子供も2人授かっていたので、それほど最初は真剣に考えていなくて「疲れているだけだろう…」くらいに思ってました。
ですが、病院で検査すると糖尿病による器質性EDだと分かりました。また、皆が服用しているED治療薬も自分は併用禁忌薬に当たる薬を服用しているので飲めないと知りました。

その時に主治医からもしかすると改善出来るかもしれない治療法と取り扱っている病院として紹介してもらったのが最先端のED1000を扱っている梅田のクリニックです。実際、僕は尼崎が自宅で難波が職場でしたので仕事帰りに週に2回来院し、3週間を2度行い、3ヶ月(12回)で治療が終了。

実際10回目以降は、正直ほぼ治っていたと思います。20代前半の頃と同じように妻とも満足に出来ていました。ネットを見ると「高い」とか色々な費用面が多く書いてありましたが、僕は30代で一生勃たなくなるのか、それとも35万円で一生セックスできるかを考えたら即決でした。

糖尿病の方や僕みたいに20、30代で器質性EDの方は、真剣にED1000を考えてみた方が良いと思います。男はなんだかんだ一生スケベだと思うので……人生変わります!

ED1000の解説はこちら

※あくまでも個人の感想であり、効果には個人差があります。

EDの相談が出来る推薦医院はこちら