ED1000とは

ED1000の機器画像ED1000とは、低衝撃波照射がもたらす血管新生作用によってEDを治療する医療機器のことです。医療技術としてはもともとあったものですが、ED治療への応用を可能にするためにアメリカで開発され、ED治療専用の医療機器として発売されました。

ED1000には高電圧の放電を利用して高エネルギーの衝撃波を発生させる装置が付いてます。そこで発生させた衝撃波を、治療部位である陰茎および周辺部に低い出力で照射すると、組織内部では新しい血管をつくる働きが促されます。血管が新生されて新しい血管が増えることによって、海綿体への血液供給量が増大し、勃起が可能になります。

また、勃起に必要な血液を血管に送りこむためには、前段階として血管を拡げることが必要となります。それを促す物質がNO(一酸化窒素)なのですが、ED1000による低衝撃波の照射は、勃起に欠かせない物質であるNOの産生をも高めることが分かってきたため、EDの根本治療に向けてさらなる効果が期待されています。

ED1000による低衝撃波治療が、従来のED治療と大きく異なる点としては、ED症状に一時的な効果をもたらすのではなく、EDそのものの根本的治癒が見込めるという点です。糖尿病や成人病などがもとで発症しているEDの場合、陰茎内動脈など勃起に関わる血管がダメージを受けてしまっていることが多いため、新しい血管さえ増やすことができれば、勃起能を取り戻すことは容易になるというわけです。

ED治療薬が選択できない人にとって希望の治療法

ED1000による施術には薬剤のような禁忌条件がないため、原則としてどんな人でも治療を受けることができます。これは、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬が、禁忌などの関係から服用できなかった方や、服用はしてみたけれど効果が得られなかった方、ED治療薬の副作用が気になって投薬以外の治療法を探していた方にとって、心強い選択肢であることは言うまでもありません。

これまで、投薬治療以外のED治療方法といえば、ICI自己注射や勃起補助器具であるVCD式カンキの使用、もしくはシリコンプロステーシス埋め込み手術などが選択肢として上げられてきましたが、そこに新しい治療法が1つ増えたというのは非常に大きな前進といえます。しかも、対症療法的な一過性の効果ではなく根本治療が見込めるのですから、今後ますます注目が集まり、需要が高まっていくことでしょう。

ED1000の治療を実際に受けてみたいと考える人のなかには、衝撃波という言葉のイメージから、強い痛みを感じるのではないだろうか?と心配になる人が少なくありませんが、その心配は無用です。ED1000から患部に当てられる衝撃波は、ごく低い出力に調整されたうえで照射されているため、痛みはほとんどなく、薬物のような副作用が起こる心配もありません。前述のように禁忌に関わる条件が一切ないので、誰でも施術を受けることができます。施術を受ける際もとても簡単で、基本的には施術台の上に横になっているだけで済むのです。

そもそも低衝撃波治療とは?

ED1000に使用されている低衝撃波治療・体外衝撃波治療についてより理解できれば、余計な心配も抱かなくて済むことでしょう。衝撃波治療とは、もともとSW(ショックウェーブ ShockWave)療法として、ED以外の治療分野で使用されてきました。低衝撃波を患部に当てるという医療技術は、80年代から腎臓結石治療の分野で確立されてきましたが、当時は衝撃波による結石の破砕効果が主な目的でした。

その後、衝撃波には血管新生効果があることがわかり、この効果に着目して導入されたのが狭心症治療治療でした。低強度の衝撃波を当てることによって、細胞内で血管形成に必要なサイトカインと呼ばれる物質が産生され、新血管形成が促進されるため、切らずに治せる画期的な治療法として採用されたという経緯があります。

そしてこの作用は、同じく血管系の障害によって引き起こされるED(勃起能不全)に対しても有効であり、薬剤などの対症療法ではなく根本的な解決策になりうると考えられ、応用されるに至りました。

ED1000による治療のメカニズム

ED1000を使って患部に低強度衝撃波を与えた場合の治療メカ二ズムです。低衝撃波を受けると、肉体内には以下のようなフローで科学反応が起こります

  1. 低強度衝撃波の照射
  2. 血管が揺さぶられ細胞内外で反応が起こる
  3. 新血管を形成する細胞増殖因子が放出される
  4. 増殖性細胞核が生成され新血管の形成を促す

ED1000による新生血管の形成促進イメージ

衝撃波を患部に照射する際、体表面にもある程度の影響が生じます。しかし、ED治療に用いられる衝撃波はごく低強度であり、影響は極めて小さいものに抑えられています。

細胞内外での科学反応が新生血管の形成を促進し、やがては新たに形成された生血管が、ダメージを受けてしまったもともとの血管のバイパス的存在になるため、勃起が可能となります。

勃起のメカニズム

ED1000による低衝撃波治療の実際

ED1000による治療イメージEDの重症度によって個人差もありますが、1回につき20分程度、陰茎の5部位に衝撃波を与える治療を3週間のうちに6回ほど行い、同じく3週間の休止期間を取った後、もう一度同じ治療を行います。

帝京大学医学部泌尿器科の1年間にわたる臨床治療のデーターによれば、ED1000による低衝撃波治療によってEDの根治を経験した患者は75%に上ると報告されています。

取材協力:株式会社メディテックファーイースト

ED1000を動画で解説

ED1000を使ったED治療を解説する海外の紹介動画です。海外版のためテロップも音声もすべて英語ですが、CGを見るだけでも具体的な施術の方法について把握することができます。

ED1000についての体験談

体験談一覧へ

  • 根本的治癒ならED1000

    高血圧の為、2年ほど前から性行為の度にシアリスを飲んでいます。保険が効かず、料金も馬鹿になりません。今後もずっと飲み続けていくのかと考えるとなんとかならんかなぁとずっと思ってました…

  • 糖尿病でED1000

    35歳でついに糖尿病の治療を始めることに…父方の家系が糖尿病家系でしたのである程度覚悟はしてました。ですが、EDまで発症するなんてショックでした。まだ30代で子供もあと一人は欲しい…

  • ED1000に救われた!

    昨年、バイクで大きな事故に遭い、それ以来勃起が出来なくなりました…。主治医からは、事故の際の大きな衝撃で陰核付近の血管が細くなり血液が流れにくくなったことが原因と言われていました。…