お知らせ
2019/06/14
【重要】レビトラ錠の再度供給停止

昨年に続き、レビトラ錠がまたも供給停止となった影響で、全国の医院で在庫が不足しております。
ED治療ナビでは、レビトラ錠の在庫がまだあるクリニックをご紹介しておりますので、お早めにご予約下さい。
レビトラ錠の処方が出来るクリニックはこちら

グリーンさん(48歳・男性)

3年くらい前からレビトラを服用しているのですが、飲むと必ずといっていいほど頭痛が起こります。日によって違うのですが、ちょっとズキズキ頭が痛い程度のものから、かなり酷い頭痛まで、とにかくレビトラを飲むと頭が痛くなります。

別に通販で購入したグレーなレビトラジェネリックを服用しているわけでもないし、個人輸入したレビトラを飲んでいるわけでもありません。しっかりと専門医のいるクリニックで処方された正規のレビトラを服用しているのですが、ほぼ毎回といっていいほどに頭痛が起きるので非常に悩んでいました。

さすがに大きい副作用だったら怖かったので、処方してもらっているクリニックの先生に相談してみたところ、レビトラの副作用として頭痛はよく起きやすいそうで、服用して4~6時間程度で症状が治まるのならば特に問題視する必要はないらしいです。私の場合も服用して3時間くらいしたら頭痛が毎回治まっているので、レビトラの副作用の一つなんだと少し安心できました。

バイアグラやシアリスなどの他ED治療薬と比べると、比較的副作用が少なくて症状も出にくいといわれているレビトラですが、副作用が全く無いわけではないそうです。レビトラを服用したほとんどの人に「顔のほてり」「目の充血」「頭痛」「動機」「鼻づまり」などの症状が副作用として表れるそうなので、特段問題視する必要はないとのことでした。

レビトラを含むED治療薬には血管を拡張させる作用があるため、勃起に必要な海綿体の血管を拡張させるだけでなく、副作用として脳内の血管も拡張させて周りの神経を刺激することで、頭が痛くなるそうです。あくまで個人差があるので、レビトラを服用しても全く頭痛など起きないという人もいます。ただメカニズム的にはお酒を飲むと頭が痛くなるという仕組みと似ているため、日常で飲酒した際によく頭痛が起きるという人は、レビトラなどのED治療薬を服用すると頭痛が起きやすい傾向にあるそうです。

これと似た仕組みで、お酒を飲むと顔が赤くなるという人は、ED治療薬を服用すると「顔のほてり」が副作用として発症しやすいといわれています。

もし私のように頭痛が酷い場合は、市販の頭痛薬などをレビトラと併用しても問題ありません。実際、私もレビトラを飲むと頭痛が酷かったので、抗炎症作用のある鎮痛剤であるロキソニンのような市販の頭痛薬を一緒に飲みましたが、別に変な症状などは出なかったので大丈夫だと思います。こういった頭痛薬も服用後20~30分で効果が出始めるので、レビトラやバイアグラの場合は一緒のタイミングで服用するのが作用時間的にも合っているといえます。ただロキソニンなどの鎮痛剤を飲むと胃が痛くなるというような人もいるので、その際は胃薬も合わせて服用するのが良いといわれています。

1点、日常生活で身近に起きそうなレビトラを服用する際の注意点としてクリニックの先生から言われたことが、グレープフルーツをレビトラと合わせて食べてはいけないという点です。なるべく食べない方が・・・というわけではなく厳禁といわれました。これはグレープフルーツ中のフラノクマリン類が血中濃度を増強させる作用があるため、レビトラを合わせて服用してしまうとレビトラの効果を強めすぎて重篤な副作用が出やすくなるという危険性があるそうです。たかが果物と思わず、うっかり一緒に食べてしまうと命に関わる可能性も。身近な食品だけに、知らずにいたらどうなっていたかと考えると恐ろしいかぎりです。

レビトラは副作用が少ないED治療薬といわれています。基本的には私のように頭痛が起きたりする程度がほとんどなので、頭痛薬などの市販薬を併用することで副作用の解消は比較的簡単に行えるのではないでしょうか。既に服用している別の薬や自分の状態をしっかりと認識していれば、レビトラは特に大きな副作用の起きないED治療薬といえるでしょう。
もしレビトラを服用していつもと違う症状が出るようだったら、通院しているクリニックの医師に一度相談してみるといいかもしれません。

※あくまでも個人の感想であり、効果には個人差があります。

予約ができるED治療医院はこちら

検索・相談

ED治療の方法

読み物

お知らせ・サポート