ナンバー2さん(33歳・男性)からの質問

レビトラのジェネリック版って日本ではいつ頃に正規販売されるんですか?

回答

レビトラを製造しているバイエル社の保有するレビトラの特許が2020年に満了となるため、もうそろそろジェネリック薬が発売されるのではないかと噂になっていましたが、ついに日本国内で沢井製薬からレビトラのジェネリック薬が販売されることが発表されました。
7月からの販売開始とされています。

現時点でレビトラのジェネリック薬を販売すると発表しているのは、バルデナフィル錠「サワイ」を製造販売する沢井製薬株式会社のみとなっており、それぞれ10mgと20mgのバルデナフィル錠が発売予定となっています。

参考としてレビトラのジェネリック薬についていくつかご紹介したいと思います。

まず費用面ですが、レビトラと同様にジェネリック薬の処方も自由診療となります。ジェネリック薬は開発費が抑えられていることもあって、レビトラ本家よりも価格が安く設定されていますので、レビトラ自体よりも安価に購入できるのは間違いありません。

レビトラのジェネリック薬は、本家レビトラと同じバルデナフィルを主な有効成分としています。
バルデナフィルは一般名「バルデナフィル塩酸塩水和物」といわれ、白色から微黄色の結晶性の粉末で、エタノールや水に溶けやすいという性質をもっています。その点から、最高血中濃度に達する時間も0.7~0.9時間(42分~54分)と短く、バイアグラやシアリスなどの同じED治療薬に比べると、最も即効性のある治療薬といわれています。

副作用や併用禁忌薬についても、レビトラと同じとされていますので、同様の注意が必要です。
服用する際の注意点も、基本的にレビトラと同じです。
服用してから約20分~1時間前後で体内に吸収されて効果が出始めるので、性行為を行う1時間前には服用するのが適正なタイミングといわれています。同じED治療薬のバイアグラに比べると、服用時の食事の影響は少ないといわれていますが、全く影響が無いわけではありません。空腹時に比べると、食後に服用すると効果が半減したりする可能性もありますので、バルデナフィル錠も空腹時の服用が推奨されています。

すでにインド等からジェネリック薬がインターネット等で販売されていますが、それらの海外製ジェネリック薬は日本の厚生労働省の認可が下りていない非常に危険なものが多いため、厚生労働省の承認を受けた正規のジェネリック薬を専門クリニック等で処方してもらうのが一番の安全策といえます。

予約ができるED治療医院はこちら

検索・相談

ED治療の方法

読み物

お知らせ・サポート