タトゥー海外ではファッション感覚で様々な場所にタトゥー(刺青)を入れている人を見かけますが、今回はなんとペニスにタトゥーを入れた為に、勃起が止まらなくなってしまった男性のお話です。

非虚血性持続勃起症
あるイラン人の男性(21歳)がペニスにタトゥーを入れたところ、勃起が止まらなくなるという事態が発生しました。この男性を診察したケルマーンシャー大学の医師は、この症例を、「性的刺激・性的興奮と無関係である勃起が4時間を超えて持続している状態」=持続勃起症の一種である非虚血性(ひきょけつせい)持続勃起症であると診断しました。

原因は動静脈瘻
医師によると、勃起が止まらなくなってしまった原因は、タトゥーを入れる際にペニスに針を深く差し込んだことで、動静脈瘻(どうじょうみゃくろう)が形成されたことにあったそうです。
動静脈瘻とは、動脈と静脈との間にできた異常な血液の通り道のことです。正常であれば、血液は動脈から毛細血管を通って静脈に流れます。しかし、動静脈瘻があると血液は直接動脈から静脈へ流れ、毛細血管を迂回してしまいます。このように動脈血が直接静脈に流入してしまった為に、勃起が止まらなくなってしまったようです。

半勃起状態が持続
この男性はタトゥーを入れてから8日間はペニスに痛みがあり、勃起しなかったそうです。しかしその後、睡眠中にいつもよりも勃起していることに気づき、それから1週間は昼夜問わず半勃起状態が続いたといいます。
イランの研究者によると、この症状は幸いなことに62%の確率で時間の経過とともに自然に治るとのことです。また、治療法も存在していたことから、男性患者はペニスに溜まった余分な血液を排出するための手術を受けました。

驚くことに男性患者は、非虚血性持続勃起症になったにも関わらず、今回の件に関して後悔をしていないのだそうです。むしろこの症例を「今後ペニスへのタトゥーを試みる人々へ警告」と結論づけました。
ファッションでタトゥーを入れるのは確かに個人の自由ですが、ペニスへタトゥーを入れる際には、くれぐれもご注意下さい。

参照元(PCサイト)

予約ができるED治療医院はこちら

検索・相談

ED治療の方法

読み物

お知らせ・サポート