お知らせ
2017/04/21
【GW中のED診療のご予約について】

連休前の診察日は混雑が予想されますので、お早めにご予約くださいませ。
ED治療ナビでは連休中も診療しているクリニックのご予約も承っております。

更年期障害によるED

更年期障害というと、女性特有の症状のように思われてきましたが、近年男性の更年期障害が話題になってきています。

更年期障害は加齢に伴って性ホルモンの分泌量が減り、イライラ・抑うつ気分・ほてり・のぼせ・疲労感・不眠症等の症状が発症する障害です。女性と男性の更年期障害の違いとしては、女性は症状がすぐに表れるのに対し、男性は比較的ゆっくりと長期間にわたって症状が表れます。

男性更年期障害には、上記の他に、勃起不全(ED)の症状も出てしまう事が知られています。性欲そのものが減退してしまったり、オーガズム(絶頂感)を得られなくなってしまったり、射精が出来なくなってしまったりする症状があり、これらの症状が個別に表れる事は少なく、多くの場合複合して表れます。

更年期障害の主な原因であるホルモン分泌に関して言えば、男性ホルモンには血管の健康を保つという大切な働きがあります。ですから、男性ホルモンが減ると血管の健康が損なわれ、勃起に関係する動脈硬化を引き起こし、EDになりやすくなると考えられています。

更年期障害を回復させる為には、生活習慣を改善したり、男性ホルモンを補充したり、EDを改善したりする方法がありますが、中でも最近は安全かつ有効率の高いED治療薬服用による改善方法が主流になりつつあります。EDが回復する事によって夫婦間の関係も良好になり、しいては精神的ストレスからの解放につながり、結果として更年期障害が緩和される事に繋がるからです。