お知らせ
2019/06/14
【重要】レビトラ錠の再度供給停止

昨年に続き、レビトラ錠がまたも供給停止となった影響で、全国の医院で在庫が不足しております。
ED治療ナビでは、レビトラ錠の在庫がまだあるクリニックをご紹介しておりますので、お早めにご予約下さい。
レビトラ錠の処方が出来るクリニックはこちら

相談する男性ED治療ナビのサポートダイヤルには10代後半~70代までの幅広い年齢の方から多くのご相談が寄せられております。しかし、実はその世代によってお悩みの内容やジェネリックとの距離感は大きく異なるようです。今回はそれぞれの世代別のジェネリックとの付き合い方について調査を行いました。

当サイトのサポートダイヤル利用者は30代~40代が最も多く、その相談内容のうちジェネリックバイアグラに関するお問い合わせは年齢とともに増加している傾向にあります。

ED治療ナビサポートダイヤル利用者の割合
20代…14.2%
30代~40代…51.6%
50代以降~…34.2%
ジェネリックバイアグラに関するお問い合わせ
20代…5%
30代~40代…11%
50代以降~…18%
※2015年7月 ED治療ナビが独自に調査した結果となります

また、平成27年2月に全国健康保険協会が調査をおこなった、「年齢別のジェネリック薬と先発薬の構成割合の調査結果」があります。こちらの調査でも、年代ごとにジェネリック薬への認知度が高まり、若い世代ほど認知が進んでおらず、年齢が上がるに従って使用率も上昇するというデータが出ており、当サイトの調査結果からみられる傾向とほぼ一致していることが分かります。「出典:年齢別のジェネリック薬と先発薬の構成割合(H27.02月分・数量ベース・新指標)

精神面が大きく影響している20代のED

スマートフォン「性行為に失敗してしまい、うまく勃起しなくなった。」という相談を20代の方からよくいただきます。緊張や経験の少なさから来る不安などの精神的な要因でEDになっている場合がほとんどです。また、治療の内容や費用面での不安を持っている方も多く、治療に踏み出す妨げになっていると考えられます。ジェネリックバイアグラに関するお問い合わせはほかの年代と比較しても少なく、ED治療やジェネリックバイアグラに対してあまり知識を持っていないことが見受けられます。

治療を担う医療機関や、情報を発信するメディアがED治療やジェネリックバイアグラに関する情報を、より積極的に若い世代のライフスタイルにあった形で伝える必要があるのかも知れません。そうすることによって20代のジェネリックバイアグラ利用者はさらに増えていくことが考えられます。

仕事や家庭のストレスが引き起こす30代~40代のED

ストレスを抱える男性30~40代は仕事での責任も増え、まさに今が働き盛りといえる年代です。そんな背景もあってか「仕事が忙しいので、限られた時間に治療を受けたい。」「土日に診察が受けられるクリニックに行きたい。」といったご相談が数多く寄せられており、時間的な余裕のなさが伺えます。

同時に、夫婦間のセックスレス問題が、出産に直結して深刻化しているため、かなり切迫した相談が寄せられるのも、この世代特有の問題です。近年では女性に促されるかたちでED治療を始める男性が増えてはおりますが、その大半は女性からの相談です。女性側としては出産のタイムリミットもせまり、特に焦る気持ちがあるのでしょう。夫婦で来院できるクリニックで治療を受け、できればジェネリックを処方してほしいという相談も見受けられます。

ED診察に力を入れているクリニックであれば、夜遅めの時間帯や、土日診療を行っていることも多いため、時間に余裕がなくてもストレスを感じずに通うことができますし、ジェネリックバイアグラを処方してもらえる可能性も高まります。30~40代のジェネリックバイアグラに関する認知度は決して低いわけではありません。むしろ、ジェネリック薬の認知度はニーズとともに高まっているといえます。全体的にみれば、まだまだ経済的に余裕があるとまではいかないうえに、EDの悩みが深刻な世代だからこそ、潜在需要は他の年代よりも高いと言えるでしょう。今後の環境整備に期待が寄せられるところです。

持病の薬とED治療薬の併用を気にする50代~60代のED

持病の薬50代~60代は高血圧や糖尿病などの持病を持っている場合が多く、ご自身が服用している薬とED治療薬の併用ができるのかといった疑問と、費用面を気にされている方が多いです。体に不調を感じ始めることが多い年齢のため、病院に対してのハードルは低いと言えます。さらに厚生労働省の取り組みによって薬局等でジェネリック医薬品を薦められる機会も増えているため、ジェネリックバイアグラへの認知度は各世代中でもトップです。

しかし、持病の薬とED治療薬を併用しており、途中からジェネリックバイアグラに変えることに抵抗感を抱く方もいらっしゃいます。実際には先発薬と同等の厳しい検査をクリアして製造されており、有効性や安全性についても先発薬と同等と国に認められておりますので心配する必要はありません。

また、50代~60代の方は近所に普段受診している医療機関がある事もありますが、その病院や薬局でジェネリックバイアグラの取り扱いがない場合は望んでも処方してもらうことはできません。そのため、自分から積極的にジェネリックに対して聞くことはもちろん、近所にこだわらずジェネリックバイアグラの取り扱いがあるクリニックに行くことも重要です。下記よりジェネリックバイアグラを取り扱っている医療機関を検索することができますのでご利用ください。

<「病院検索」画面はコチラ>
全国のEDの相談ができる病院検索

ED治療とジェネリックバイアグラ促進のために

各世代とも患者様から積極的にアクションを起こすことが重要となりますが、それだけではなくED治療を提供する側や情報を発信する側が、それぞれの世代やお悩みに合わせたアプローチを工夫する必要があると考えられます。それによってED治療を受ける人の割合や、ジェネリックバイアグラを使用する人の割合は増えていくのではないでしょうか。当サイトとしても引き続き情報発信を行ってまいります。

ジェネリック医薬品に関するコラム

検索・相談

ED治療の方法

読み物

お知らせ・サポート